沖縄へ

半年ぶりに沖縄へ。

日本はその土地土地の特異性があり、その中でも沖縄は独特に感じる。歴史的背景もさることながら、古来からの風土そのものが本土から観てそう感じる。そこれがとても心地よく、魅力の一つでもある。

東京で見慣れたショッピングモールやコーヒーショップも定着し、歴史的、文化的にいかように変化したと言えど、ルーツそのものが異なるのか良い意味でどことなく馴染み無い印象が残る。もう何度も足を運んでいるが、行く度にその感触が増す。

そしてもう一つ、行く度に感じる様になってきているのが、かつての“戦争”の記憶と感情である。それは僕の関心や世代的なものの見方であろうか、若しくは現実的に再び忍び寄ろうとしているのであろうか、東京では感じ取れない目に見えない感情を感じるのである。 

 

f:id:hynm_totori:20140111163255j:plain

f:id:hynm_totori:20140111171456j:plain

f:id:hynm_totori:20140111172433j:plain

f:id:hynm_totori:20140111173025j:plain

f:id:hynm_totori:20140112101319j:plain

f:id:hynm_totori:20140112102819j:plain

f:id:hynm_totori:20140112104208j:plain

f:id:hynm_totori:20140112104404j:plain

f:id:hynm_totori:20140113124259j:plain

f:id:hynm_totori:20140115152211j:plain