読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガ「愛すべきホロヨイたち」-47杯目- ネコ姉さん

うさ美です。

10月(神無月)も間もなく終わりますね。出雲国神在月)に集まっていた神様たちも、また地元に帰ってきます。出雲国では今年はどんな話題で議論したんでしょうね。会議の後は宴会もあったのかなあ。美味しい日本酒飲んで、のど黒食べて、温泉につかって。いいなあ。ま、神様も息抜きは必要ですよね。まして、人間。皆さん、何ごともほどほどに、ね。

マンガ、お届けします。

 

f:id:hynm_totori:20161103235954j:plain

 ※画像をクリックすると続きが読めます。

note.mu

マンガ「愛すべきホロヨイたち」-46杯目- 背中で語る

ネ子です。

 

秋ですね。夜、長くなりましたよね。この季節になると、美しい日本語の小説が無性に読みたくなります。三浦哲郎さん。「忍ぶ川」や短編集「モザイク」を書いている方です。興味のある方はぜひ読んでみてください。そして、ヒソヒソと語らいましょう。

 

では、今週のマンガです。

 

f:id:hynm_totori:20161020202130j:plain

※画像をクリックすると続きが読めます。

 

note.mu

 

マンガ「愛すべきホロヨイたち」-45杯目- 隣の男

ワニです。

筋力も、記憶力も、使ってないと弱ってくる。あたりまえと思うかもしれないけど、それは、人と付き合う力も、初めての場所を訪れる力も同じ。失敗して立ち直る力だって、使ってないと弱ってくる。昔、力があった人ほど、以前と比べて弱くなったことを実感するから、また使う機会を避けるようになったりね。すると、ますます弱ってくる。でもね、使っていれば、また少しずつ強くなってくる。年齢を重ねると昔みたいに急激に強くなることはないけれど、それでも使えば使ったぶん強くなる。ま、強くならなくていい力も世の中にはたくさんあるけどね。

マンガ、今週もできました。多謝。

f:id:hynm_totori:20161013160359j:plain

マンガ「愛すべきホロヨイたち」-44杯目- 誕生日

f:id:hynm_totori:20161013160115j:plain

 

※画像をクリックすると続きが読めます。

 

ワニです。

もし、今の時代に初めてお酒が発見(発明)されたら、その発見者はノーベル賞をもらいますかね?ノーベル化学賞?いや、杯を交わせば国境を越えて仲良くなるからノーベル平和賞って可能性も?いや、いや、酔ってケンカする人もいるしなあ。ノンベエ賞だな、いいところ。でも、昔々のある人の発見のおかげで、今夜も、僕は楽しく生きています。

お酒とマンガに乾杯!

 

note.mu

マンガ「愛すべきホロヨイたち」-43杯目- ソクラテス

ケンです。

 

昨晩はいつものBARでたくさん飲んだあと、その隣のビルにあるBARでさらにたくさん飲みました。同じお酒を、同じメンツで飲んでも、お店が違うと、やっぱり飲み心地が変わりますよね。ま、味はもうよくわからない時間ですからね。飲み心地が、ね。飲み心地。ま、翌朝の胃の心地は最悪なんですけど、ね。胃心地は。あ、でも、お店の居心地は二軒とも最高ですよ。

 

では、今週のマンガです。読み心地はどうでしょう?

 

f:id:hynm_totori:20160929183041j:plain

 

※画像をクリックすると続きが読めます。

 

note.mu

マンガ「愛すべきホロヨイたち」-42杯目- マザーテレサ

うさ美です

 

昨夜はひとり、西麻布のBARで飲んでいました。さして、酔っ払うでもなく、隣の酔っぱらいどうしの話をBGMに、これまでの人生やこれからの人生について考えていました。だけど、途中から酔っぱらいたちに絡まれて、どうでもよくなってきました。でも結局、人生って、そういうものなんですよね。ひとりで考えるものじゃなくて、誰かと瞬間瞬間を重ねているうちに終わるものなんですよね。

 

BARも、マンガも、哲学する初秋です。

 

 

 

f:id:hynm_totori:20160922212450j:plain

 

※画像をクリックすると続きが読めます。

 

 

note.mu

マンガ「愛すべきホロヨイたち」-41杯目- 人工知能

ヤマアラシです。

 

昔、あるプロ野球選手が「やっぱり優勝がしたい。そのシーズン、いい成績を残せた選手も、そうでなかった選手も、優勝はみんなで喜べるものだから」みたいなことを言っていました。プロ野球は昔みたいに観なくなったけど、チームで仕事をする人間として、とってもわかるなあ。そして、優勝できなかったとしても、優勝を目指して頑張った時間はとても思い出深いものだよね。仕事、人間、面白いなあ。

 

このマンガも、面白がってくれるといいなあ。

 

f:id:hynm_totori:20160915231835j:plain

 

※画像をクリックすると続きが読めます。

 

note.mu