マンガ「愛すべきホロヨイたち」-62杯目- 隣で飲みたいのは

ヤマアラシです。

三寒四温の季節到来ですね。サンカンシオン。中学生くらいの頃はこの言葉の響きが好きで、無駄に使っていたなあ。ケンケンガクガク。漢字は書けないけど、これも三国志的なカッコよさがあって好きだったなあ。三国志的?も上手に説明できないけれど。

泣いてマンガを斬る。どうぞ。

f:id:hynm_totori:20170323164828j:plain

 

※画像をクリックすると続きが読めます。

 

note.mu

マンガ「愛すべきホロヨイたち」-61杯目- 判断材料

 

 

ワニです。

30歳を超えたら、月に1度は本屋に行きましょう。オススメは平置きの本がたくさんある大きめの本屋。全体をぼーっと眺め歩き、興味のおもむくまま本を手に取りましょう。そして、ひと呼吸おいて、自分の心を読みはじめましょう。「あ、これ、やってみたいかも」「オレもまだまだだたなあ」など。30歳を越えて仕事もできるようになってくると、どうしても自分の世界から出にくくなってきますからね。本屋は世界の広がりを人間の豊かさを気軽に身体で感じられる場所。ぼーっと眺め歩くことが、コツですよ。本は探さないでくださいね。

さ、マンガです。

 

f:id:hynm_totori:20170316174052j:plain

 

※画像をくっつけようと続きが読めます。

 

note.mu

マンガ「愛すべきホロヨイたち」-60杯目- シン・ヤマアラシ

f:id:hynm_totori:20170309184837j:plain

ヤマアラシです。

今年ももう1カ月が終わっちゃいますね。早い、早い。このペースだとすぐ春が来て、君はキレイになっちゃう。夏が過〜ぎ〜、風あざみ〜です。困った、困った。今年の目標をしっかり立てなきゃ。

マンガ、今回はテーマソングを頭の中に流しながら、どうぞ。

 

※画像をクリックすると続きが読めます。

note.mu

マンガ「愛すべきホロヨイたち」-59杯目- ハゲタカさん

うさ美です。

合コンで、「どんなタイプの男性が好きなの?」って聞く男性って、だいたい自分大好きですよね。「そういうこと聞かない人!」って答えてあげたいけど、自分に都合の悪いことは耳に入らない人たちだからなあ。でも、まあ、合コンを盛り上げてくれる人でもあるんですけどね。

今週のマンガです。新キャラです。

 

f:id:hynm_totori:20170302173135j:plain

※画像をクリックすると続きが読めます。

note.mu

 

マンガ「愛すべきホロヨイたち」-58杯目- 出会い

ワニです。

もともと世界は2つあって。身体が生きる世界と、頭の中の世界と。で、それぞれの人がその両方の世界をバランスよく生きていたんだけど、最近、頭の中の世界に偏って生きる人が増えてきて。毎日顔を合わせてても、会話ってやつが難しくなってきて。ただ、それは頭の中の世界の新しい出会いを広げてるってことでもあるから、良いとか悪いとかということじゃなくて。でも、そのことをきちんと理解して生きてないと、淋しい気持ちになるなあと新年早々思ったので、云々。

今週のマンガです。

f:id:hynm_totori:20170223171550j:plain

 

※画像をクリックすると続きが読めます。

 

note.mu